【ウマ娘】ウイニングチケットの評価やステータスなど

ウマ娘


喜ぶときも悲しむときも全力で感情表現する元気なウマ娘、ウイニングチケット。
ビワハヤヒデやナリタタイシンと同世代で熱いレースを繰り広げてきたウマ娘ですが、実績的にはかなりのステータスが期待できそうです。

ウイニングチケット

絶対、勝利のチケットをプレゼントしてあげるから!

誕生日
3月21日
身長
157cm
体重
増減なし
スリーサイズ
B88・W57・H85
CV
渡部優衣

純朴で素直で感情むき出しのウマ娘。喜ぶときも悲しむときも全力で感情表現をし、何にでもすぐに感動してしまう。

底抜けのお人よしであり、誰でもすぐに信頼する。夢はトレーナーのために、日本ダービーを制すること!

以下、元ネタの馬情報となります。

家族構成

父:トニービン
母:パワフルレディ

競争成績

3歳新馬:5着
3歳新馬:1着
葉牡丹賞:1着
ホープフルS:1着
弥生賞(GⅡ):1着
皐月賞(GI):4着
東京優駿(GI):1着
京都新聞杯(GⅡ):1着
菊花賞(GI):3着
ジャパンC(GI):3着
有馬記念(GI):11着
高松宮杯(GⅡ):5着
オールカマー(GⅢ):3着
天皇賞(秋)(GI):8着

弥生賞

皐月賞のトライアルレースの弥生賞。
ドージマムテキやアンバーライオンやナリタタイシンなど、ビワハヤヒデ以外のこの世代の強者たちが一通り顔を揃えました。
レース序盤は最後方からのスタートでしたが徐々に上がっていきラストの直線で鮮やかに抜き去っていくウイニングチケットを見てここから始まるクラシック戦線に期待した人は多かったかと思います。

東京優駿(日本ダービー)

皐月賞馬のナリタタイシンと後の菊花賞を制するビワハヤヒデとの3強対決が注目されていた第60回東京優駿。
鞍上はウイニングチケットの主戦騎手でベテランの柴田政人騎手。過去に18回このダービーに挑戦してその度に涙をのんできて今回は19回目の挑戦。

レースは開始直後から落馬もあり波乱の展開でしたがアンバーライオンがハナを切ってペースを作りウイニングチケットとビワハヤヒデは中盤やや後方、ナリタタイシンはしんがり付近でレースが進むという大方予想通りの展開。
第3コーナーから第4コーナーに差し掛かるケヤキって場所が絶妙過ぎてあの一瞬で展開が変わりすぎてテンション上がりますよねw
最後の直線はビワハヤヒデとの一騎打ちで一時は先頭を譲ったり後ろからグングン追い上げてくるナリタタイシンと見どころ満載で柴田政人騎手が悲願を達成する瞬間はちょっと泣きそうになります。

勝利騎手インタビューで「世界のホースマンに60回のダービーを勝った柴田ですと伝えたい。」と語ったのはあまりにも有名で柴田騎手の当時の気持ちが全て込められているように思えますね。

京都新聞杯

ダービー馬となってからの初陣は初の関西となる京都新聞杯。
いわゆる菊花賞トライアルとなっているレースですね。
強力なライバルはいない状態でしたが内から抜けていって直線では一瞬前が詰まったかのように見えましたが、上手く外に開いてからは流石の脚でギリギリ捉えて1着となりました。

続く菊花賞、ジャパンカップと3着が続き結果的に京都新聞杯が最後に勝利したレースとなってしまいました。
翌年からは体調が上手く整わずライバルのビワハヤヒデにも再び完敗してしまったりとなかなか調子が戻せませんでしたが、最後の天皇賞(秋)でレース中に屈腱炎を発症したことが原因で競走馬生活を引退しました。
ちなみに主戦騎手だった柴田政人は落馬事故で負傷、リハビリの甲斐もなくウイニングチケット引退の約1ヶ月前に28年の騎手生活にピリオドを打っています。

ダービーに勝ったら騎手を引退してもいいとまで思っていた柴田騎手ですが、実際に辞める気は一切なく翌年も第一線で活躍…かと思いきや不運な落馬事故で引退を余儀なくされましたが最後にウイニングチケットが勝利のチケットをプレゼントしたのだと思うとこういうところにも競馬のドラマがありますよね。

コメント