【ウマ娘】スーパークリークの評価やステータスなど

ウマ娘


第二次競馬ブーム期に平成三強と呼ばれた一角のスーパークリーク。
ステイヤーの血統でありながら中距離でも勝てるスピード能力はウマ娘でもかなりの存在感を放ちそうですね!

スーパークリーク

トレーナーさんが落ち込んでいるのなら、私の全部で慰めてあげたいです

誕生日
5月27日
身長
168cm
体重
微増(理由はナイショ)
スリーサイズ
B97・W61・H91
CV
優木かな

おっとりのんびりで少しドジな、母性を感じるお姉さんウマ娘。誰もが甘えてしまう、包容力たっぷりの性格。
しかしそんな癒しパワーとは裏腹に、レースでは驚異のスタミナで敵を圧倒する。

以下、元ネタの馬情報となります。

家族構成

父:ノーアテンション
母:ナイスデイ

競争成績

3歳新馬:2着
3歳新馬:1着
福寿草特別(400万下):4着
きさらぎ賞(G3):3着
すみれ賞(OP):1着
神戸新聞杯(G2):3着
京都新聞杯(G2):6着
菊花賞(G1):1着
有馬記念(G1):失格
京都大賞典(G2):1着
天皇賞(秋)(G1):1着
ジャパンC(G1):4着
有馬記念(G1):2着
産經大阪杯(G2):1着
天皇賞(春)(G1):1着
京都大賞典(G2):1着

菊花賞

このレースの一番の見どころはやはり第4コーナーでスーパークリークが内からスッと抜け出していくところでしょう。
ポジション取りが絶妙でそこから更に伸びて後ろの追随を許さない走りは圧巻と言えますね。
スーパークリーク自身にとってもそうですが武豊騎手にとってもこの菊花賞が初めてのG1制覇であり、19歳8ヶ月のクラシック制覇は史上最年少記録となっています。

天皇賞(秋)

そして平成三強が初めて揃ったこのレース。
オグリキャップは前年のこのレースで2着、イナリワンはこの年の春の天皇賞で優勝していて春秋連覇がかかっていてさらにメジロアルダン等の有力馬も参戦していて一筋縄ではいきそうもないメンツ(; ・`д・´)
3番手の位置から早めに先頭に立ち、オグリキャップの強烈な末脚をギリギリクビ差で制して2勝目のG1制覇、ちなみにここでも武豊騎手は天皇賞(秋)の最年少優勝記録を樹立していますww
オグリキャップは直線で馬群に阻まれて進路を失い外へ大幅なロスをしたのが痛かったですがそれも含めての競馬なのでこの勝利は見事としか言えません。

翌年の天皇賞(春)は2連覇のかかったイナリワンをこれまた半馬身抑えて優勝して史上初の秋春連覇を成し遂げました。
ステイヤーの配合でしたが中距離でもかなりの成績を残していることからスピードもそれなりにあって、いわゆる近代型ステイヤーの先駆け的な存在だと今では言われていますね。
ちなみに顔はかなり大きかったらしいのですが、巨乳設定はそこからきているのでしょうかww
ビワハヤヒデも巨乳設定なのでもしかしたらバストサイズは顔の大きさから考えてそうですねww

コメント