【ウマ娘】メジロライアンの評価やステータスなど

ウマ娘


G1では惜敗が多かったものの底知れないポテンシャルを秘めているメジロライアン。
アニメでも登場の機会も多かったですがライアンカットや野球のユニフォームをあしらった勝負服など細かいこだわりが結構好きだったりしますw

メジロライアン

トレーナーさんも一緒に身体鍛えません?爽快ですよ!

誕生日
4月11日
身長
163cm
体重
微増(筋トレ効果)
スリーサイズ
B87・W57・H86
CV
土師亜文

さわやかで明るい、ベリーショートな髪型がトレードマークのウマ娘。レースで負けた悔しさをそのまま次へのモチベーションに転換できる健全な精神の持ち主。

実は髪を伸ばしたり、女の子っぽい恰好をしてみたいという願望がある。

以下、元ネタの馬情報となります。

家族構成

父:アンバーシャダイ
母:メジロチエイサー

競争成績

3歳新馬:2着
3歳新馬:6着
3歳未勝利:3着
3歳未勝利:1着
葉牡丹賞:5着
ひいらぎ賞 :1着
ジュニアC:1着
弥生賞:1着
皐月賞:3着
東京優駿:2着
京都新聞杯:1着
菊花賞:3着
有馬記念:2着
中山記念:2着
天皇賞(春):4着
宝塚記念:1着
有馬記念:12着
AJC杯:6着
日経賞:1着

宝塚記念

クラシック三冠では3着2着3着と無冠の帝王と呼ばれ、その後の有馬記念や天皇賞でも上位入線はするもののなかなか勝てなかったライアンが悲願のG1勝利をしたのがこの宝塚記念。
前年の京都新聞杯ではコースレコードを叩き出しての勝利でしたが、宝塚記念も同じ京都競馬場の芝2200m。
実況の杉本清さんもこの距離では負けられないと言っていますが、この距離にも強くなかなか勝てなかったメジロマックイーンを抑えての見事な勝利となりました。

菊花賞

「メジロでもマックイーンの方だ!」という有名な実況がありますがそれがこの菊花賞です。
実況はもちろん杉本清さんww
春のクラシックを制したハクタイセイとアイネスフウジンはいずれも故障で菊花賞は回避していたのでチャンスはあるかと思ったのですがこの距離のマックイーンは強かった(゚A゚;)ゴクリ

しかし夏の休養先で屈腱炎発症、その後復帰したものの再び再発して引退となりましたが種牡馬としては初年度の産駒からメジロドーベル、メジロブライトという2頭のG1優勝馬を輩出して大活躍しました。
個人的にはポテンシャルの高さを評価して高めのステータスになるかなぁと予想しているのですがもし入手出来たら無冠の帝王とは呼ばせない活躍をさせてあげたいですね。

コメント