【ウマ娘】マチカネフクキタルの評価やステータスなど

ウマ娘


サイレンススズカやサニーブライアンと同世代で菊花賞を制したマチカネフクキタル。
勝負服は招き猫などの開運アイテムをジャラジャラと身に付けていてすごいハンデを背負ってるようにしか見えませんが可愛いのでOKだと思います(´つヮ⊂)ウオォォwwww

マチカネフクキタル

アナタこそ、私の待ち人なんです!

誕生日
5月22日
身長
158cm
体重
本日は「凶」なので微減
スリーサイズ
B84・W59・H83
CV
新田ひより

占いが大好きでちょっとドジなウマ娘。いつも雑誌の“占いコーナー”を確認しては一喜一憂している。

レースで勝つために必要なものは何よりも“運”だと思っていて、実際、大吉の日には驚異的な実力を発揮するらしい。

以下、元ネタの馬情報となります。

家族構成

父:クリスタルグリッターズ
母:アテナトウショウ

競争成績

3歳新馬:3着
3歳新馬:4着
4歳未勝利:1着
君子蘭賞(500万下):2着
ムーニーバレーRC賞(500万下):1着
プリンシパルS(OP):2着
東京優駿(G1):7着
さくらんぼS(900万下):1着
神戸新聞杯(G2):1着
京都新聞杯(G2):1着
菊花賞(G1):1着
金鯱賞(G2):6着
鳴尾記念(G2):8着
有馬記念(G1):13着
京都記念(G2):2着
読売マイラーズC(G2):11着
産経大阪杯(G2):2着
天皇賞(春)(G1):7着
宝塚記念(G1):5着
札幌記念(G2):7着
金鯱賞(G2):10着
宝塚記念(G1):8着

神戸新聞杯

まだ武豊とタッグを組んで大逃げの真価を発揮する前ですが、あのサイレンススズカをゴール前で差し切って勝利したレースです。
当時の主戦騎手だった上村洋行が最後まで追っていたら勝負は分かりませんでしたがそれでもあの大逃げに追いつく脚、このレースからの重賞3連勝と強者の片鱗を十分に見せつけた結果となりました。

菊花賞

「神戸、そして京都に次いで菊の舞台でも福がきたぁぁぁぁぁ」
もう口を開けたら大体名実況の杉本清さん、いつもながらこういう接戦でもよくパッとこんな台詞思いつくよなーと感心させられますwww
二冠馬のサニーブライアンはダービーのレース中に骨折していたことが後に判明して菊花賞は回避していましたが、それでもシルクジャスティスやメジロブライトなどの有力馬もいた中での見事な勝利となりました。

その後は何度か連対はしたもののなかなか勝ちきれずこの菊花賞が最後の勝利となってしまいましたが、古馬となってからの裂蹄など蹄の病気がなければ…と期待してしまうほど4歳夏から秋までの強さは際立っていました。
アニメでも登場の機会は少なくなく、招き猫を背負った可愛い勝負服も披露されていますがゲームではどのようなステータスや適正となるのか見ものですね。

コメント