【ウマ娘】ヒシアケボノの評価やステータスなど

ウマ娘


馬体重550kgを超える超大型ウマ娘のヒシアケボノ。
JRA史上最高馬体重でのGI勝利である560kgでの勝利という規格外な記録を持っています。

ヒシアケボノ

大きいことはいいことだよねっ。大きな愛で包み込んじゃうよー☆

誕生日
2月27日
身長
178cm
体重
超大幅増
スリーサイズ
B94・W64・H88
CV
松嵜麗

心も体もビッグサイズなウマ娘。いつもニコニコ明るく温厚な性格。
食べるの大好き、食べさせるのも大好き!気が付いたらトレーナー自身の体重も……?規格外の体格を活かした走りは、まさに圧巻の一言。

以下、元ネタの馬情報となります。

家族構成

父:Woodman
母:Mysteries

競争成績

3歳新馬:4着
3歳新馬:2着
4歳未勝利:3着
4歳未勝利:4着
4歳未勝利:5着
4歳未勝利:1着
筑紫特別(500万下):1着
有明特別(900万下):1着
スポニチやまなみS(1500万下):1着
京王杯オータムH(G3):3着
東京盃(G):6着
スワンS(G2):1着
マイルチャンピオンS(G1):3着
スプリンターズS(G1):1着
シルクロードS(G3):3着
高松宮杯(G1):3着
安田記念(G1):3着
スワンS(G2):11着
マイルチャンピオンS(G1):15着
スプリンターズS(G1):4着
洛陽S(OP):8着
シルクロードS(G3):15着
高松宮杯(G1):14着
安田記念(G1):8着
バーデンバーデンC(OP):5着
セントウルS(G3):13着
スワンS(G2):11着
マイルチャンピオンS(G1):14着
CBC賞(G2):7着
スプリンターズS(G1):9着

スプリンターズステークス

初勝利までは遠かったヒシアケボノですが、一度勝利したら一皮むけたのか条件戦は次々と勝ち抜き重賞もそこそこの着順で一気にG1に挑戦出来るレベルまで到達しました。
初G1戦は前走のマイルチャンピオンシップでしたがここでも3着の好位からの前年でサクラバクシンオーが引退したため主役不在となったこの年のスプリンターズステークス。
遠くから見ても目立つ巨体が最終コーナーで大外に回って最後に競り勝ったのは見事でした。
ちなみにこの時の馬体重は560kgで、JRA史上最高馬体重でのG1勝利というすごい記録を持っています。

父ウッドマン、母の父シアトルスルーと一流種牡馬たちの血を引く超良血馬の外国産馬でしたが、どちらの産駒にもありがちだった早熟傾向がバッチリ反映されてしまったのかその後はイマイチ結果を出しきれずに引退となりました。
そしてこのサイズでアケボノという名を冠しているおかげである意味名物化していてパドックでヒシアケボノの馬体重が発表されるとどよめきやら歓声やら聞こえてきたみたいですね。
ウマ娘ではこのスピードを活かしてどこまでいけるのか楽しみです(; ・`д・´)

コメント