【ウマ娘】ビコーペガサスの評価やステータスなど

ウマ娘


アメリカで産まれ日本で調教を受けて短距離路線で活躍したビコーペガサス。
重賞勝ちはG3で2勝止まりですがG1戦でも3回2着入線している実績もありポテンシャルの高いウマ娘です。

ビコーペガサス

アタシの夢は正義の味方!最強のスーパーヒーローウマ娘になること!

誕生日
2月8日
身長
144cm
体重
微増(いっぱい食べて大きくなる!)
スリーサイズ
B72・W51・H75
CV
田中あいみ

正義のヒーローに憧れる、熱血でちょっと生意気なウマ娘。小さい体格ながら持ち前のガッツでレースに挑む。
特撮やアニメが大好きで、いつか自分もヒーローのように格好よくなりたい!と日々努力している。

以下、元ネタの馬情報となります。

家族構成

父:Danzig
母:Condessa

競争成績

3歳新馬:1着
さざんか賞(500万下):1着
京成杯(G3):1着
NZT4歳S(G2):3着
中日スポーツ賞4歳S(G3):2着
スワンS(G2):7着
マイルチャンピオンS(G1):5着
スプリンターズS(G1):2着
栗東S(OP):7着
安田記念(G1):4着
阪急杯(G3):12着
セントウルS(G3):1着
宝塚記念(G1):8着
マイルチャンピオンS(G1):4着
スプリンターズS(G1):2着
ダービー卿チャレンジ(G3):3着
高松宮杯(G1):2着
安田記念(G1):5着
スワンS(G2):2着
マイルチャンピオンS(G1):9着
スプリンターズS(G1):7着
フェブラリーS(G1):4着
シルクロードS(G3):2着
高松宮杯(G1):10着
安田記念(G1):6着
読売マイラーズC(G2):11着
高松宮記念(G1):6着
安田記念(G1):13着

京成杯

3戦3勝で初の重賞制覇となったこの京成杯。同期で牝馬最強の呼び声も高いヒシアマゾンとの一戦でした。
最後の直線で先頭のサクラエイコウオーを追ってヒシアマゾンは内、ビコーペガサスは外から追い込んでいく展開となりました。
外から一気に抜き去り後続を突き放す脚は見事で、ヒシアマゾンの豪脚も問題にしない完勝っぷりでした。
ちなみにヒシアマゾンがこの年で負けたのはこの京成杯と、同期で華やかなクラシック路線で三冠制覇したナリタブライアンとの有馬記念での2戦のみなのでやはり能力の高さはかなりのものがあったのでしょう。

スプリンターズステークス

前回のニシノフラワーの記事に続きまたしてもサクラバクシンオーの出ているレースです(; ・`д・´)
JRA史上最強のスプリンターの名はやはり伊達ではありませんね。これが最後の愛のムチ!という名実況が実に印象深いこのレースですが2着にビコーペガサスが食い込んでいます。
短距離の追い込みタイプの馬でスピードはなかなかのものだったのですが届かないというレースが多いのが残念でした。
このスプリンターズステークスに関してはサクラバクシンオーが強すぎたので仕方ないというのもありますが(; ・`д・´)

という感じで最終的な戦績ではG3の重賞2勝のみという成績に終わりましたが、成績だけでは語れない可能性を秘めていたのもまた事実でそこそこの連対率であることも考えるとある意味名脇役的な位置づけで見ることもできるかも知れませんね。
ウマ娘でもそのスピードを思う存分発揮出来れば短距離戦では意外な伏兵以上の強さを見せられるかも知れませんね(゚A゚;)ゴクリ

コメント