【ウマ娘】アドマイヤベガの評価やステータスなど

ウマ娘


ベガとともに母子でクラシックを制したアドマイヤベガ。
ピッカピカの良血馬ですが実は悲しい生い立ちがあったり早すぎる引退が悔やまれたりと色々ある馬ですが輝く一等星としてウマ娘でもその活躍に期待したいですね。

アドマイヤベガ

ひとりで戦って……ひとりで勝つの……!

誕生日
3月12日
身長
157cm
体重
増減なし
スリーサイズ
B85・W57・H82
CV
咲々木瞳

幼いころより実力を期待されたウマ娘。レースで勝つことに対し貪欲で、日々の鍛練を欠かさない。
並々ならぬ”覚悟”を感じさせるその言動は、どうやら彼女の生い立ちに関係があるようだが……?

以下、元ネタの馬情報となります。

家族構成

父:サンデーサイレンス
母:ベガ
母の父:トニービン

競争成績

3歳新馬:4着(降着)
エリカ賞(500万下):1着
ラジオたんぱ杯3歳S(G3):1着
報知杯弥生賞(G2):2着
皐月賞(G1):6着
東京優駿(G1):1着
京都新聞杯(G2):1着
菊花賞(G1):6着

東京優駿

クラシックでの期待値は高かったものの、弥生賞と皐月賞では結果が出せずこの世代のクラシック3強の残り2頭より1枚落ちる評価に落ちつつありましたが、元々のポテンシャルの高さや前年の悲願のダービー制覇に続き連覇を期待されていた武豊騎手の騎乗という事もあり2番人気でレースを迎えました。
道中は3頭ともまぁ定位置と言えるポジションで波乱もなくレースを運んでの直線勝負。
明らかに他馬と違う脚質でグングン上がっていっての3強対決。ちょっとBNWの世代を彷彿とさせてくれますね。
外から上がってきたテイエムオペラオーとナリタトップロードが早めの競り合いとなっていたその更に外から出てきたアドマイヤベガは武豊の冷静で見事なタイミングの仕掛けも功を奏してか見事に差し切って史上初のダービー連覇、そして母子ともに東京2400mのクラシックを制する快挙を成し遂げました。
ベガにとっては父の、アドマイヤベガにとっては母の父にあたるトニービンの血はやはり府中の直線で無類の強さを見せてくれますね(; ・`д・´)

このダービーも私の大好きな三宅アナの実況ですが、ゴール後の「母ベガの2冠達成から6年、またもその息子が輝く一等星に!」というセリフ回しに色々な含みが感じられてかなり好きだったりします。
実はベガの第一子となったアドマイヤベガには見も知らぬ兄弟というか、受胎時点では双子だったのです。
しかし双子では大成しないと言われていたり、そもそも母子ともにリスクが大きく片方はお腹の中にいる時点でつぶされてしまうのがこの業界では一般的で今回ももちろんそうなりました。
そして残った子供がアドマイヤベガなのですが当時のレコードタイ記録での見事な勝利は会う事のなかった兄弟への最高の餞になったと思いたいです。
この後の菊花賞では距離の不適正などもあり6着、休養も挟み翌年の宝塚記念を目標に調整を進めていましたが繋靭帯炎で2000年に惜しまれつつも引退となりました。
順調に成長していればテイエムオペラオーとメイショウドトウの1、2着独占状態に割って入りもっと群雄割拠の面白い時代になっていたかも知れませんが、まぁたらればは言っても仕方ありませんし無事是名馬という事で。

引退後は種牡馬入りしましたが、2004年に胃破裂で8歳という若さで亡くなってしまいました。
産駒は結構多彩なタイプで活躍する馬が多く、今後長く期待されていただけに種牡馬としても早すぎる最期を迎えてしまいましたがベガ、サンデーサイレンス、トニービンという素晴らしい血を後世に受け継がれていくように産駒たちには頑張って欲しいです(; ・`д・´)

コメント