【ウマ娘】トウカイテイオーの評価やステータスなど

トウカイテイオー1

トウカイテイオー

トウカイテイオー


へへ、ボクはテイオーなのだっ!ズが高ーい♪

誕生日
4月20日
身長
150cm
体重
増減なし
スリーサイズ
B77・W54・H76
CV
Machico

〝皇帝〟と呼ばれた伝説のウマ娘を母に持ち、周囲の期待と羨望に包まれて育ったエリートウマ娘。
身軽でフットワークが軽く、跳ねるような独特の走り方は〝テイオーステップ〟と呼ばれている。
性格は勝気でちょっとナマイキ。プライドが高く、すぐにカッとなるところがあるが、明るく元気でレースに対する情熱は誰にも負けない。
偉大なる母を心の底から敬愛していて、いつか母に認められ、自分も母のような最強のウマ娘になりたいと強く願っている。
母の成し遂げた〝無敗の三冠制覇〟を目指して、絶対に負けられない戦いに挑む。

以下、元ネタの馬情報です。

家族構成

父:シンボリルドルフ
母:トウカイナチュラル
半弟:トウカイオーザ
半弟:トウカイエリート

父はあの七冠馬と呼ばれた「皇帝」シンボリルドルフ。
その息子はフワフワした歩き方が特徴的で、容姿も非常に美しかった。

競走成績

3歳新馬:1着
シクラメンS(OP):1着
若駒S(OP):1着
若葉S(OP):1着
第51回 皐月賞(G1):1着
第58回 東京優駿(G1):1着
第36回 産經大阪杯(G2):1着
第105回 天皇賞(春)(G1):5着
第106回 天皇賞(秋)(G1):7着
第12回 ジャパンC(G1):1着
第37回 有馬記念(G1):11着
第38回 有馬記念(G1):1着

第51回 皐月賞

新馬戦からルドルフの産駒という事で注目を集め、その期待に答える形で(一度も鞭を使わずに)連勝して皐月賞を迎えます。
皐月賞では2着のシャコーグレイド(父であるシンボリルドルフと三度戦ったミスターシービーの産駒)に1馬身差で勝利。

第58回 東京優駿

続いて日本ダービーに出走、最後の直線で後続を突き放し、2着のレオダーバンに3馬身差をつけて優勝。
トウカイテイオーは父ルドルフの軌跡を辿るかのように無敗のままクラシック二冠を達成する事に。

ちなみに騎手の安田氏は「ダービーに関しては(ルドルフより)テイオーの方が強い勝ち方だったのでは」と述べていました。

第12回 ジャパンカップ

さぁここまで来れば親子二代で無敗のクラシック三冠だ!と皆の期待が膨らむ中、まさかの骨折で療養を余儀なくされ、最後の一冠である菊花賞を回避。
翌年の復帰戦は大阪杯でしたが難なく勝利、未だ無敗のまま歩を進めた天皇賞(春)ではメジロマックイーンとの対決が話題を呼びましたが、ステイヤーであるマックイーンの前には手も足も出ず5着と初めての敗北を味わいます。

しかもレース後にまたもや骨折が判明して春は療養を余儀なくry
秋の復帰戦は天皇賞(秋)でしたが風邪を引いて調整が狂ったからか7着と惨敗。

続いてトウカイテイオーが出走したのはこの年から国際GⅠ競争として認定されたジャパンカップ。
しかしこれまた不運にも(?)現役イギリスダービー馬2頭に加えてオーストラリアの年度別代表馬などジャパンカップ始まって以来の最強のメンバーが揃ってしまったので「こりゃ流石にテイオーもダメだろう」と5番人気に甘んじます。

しかしいざ蓋を開けてみると2着のナチュラリズムにクビ差で競り勝って優勝。
これによりトウカイテイオーは日本馬としての勝利は父ルドルフ以来7年ぶり、日本競馬で最初の国際GⅠ優勝馬となったのです。

第38回 有馬記念

よしよし、この調子で年末グランプリだ、という事で有馬記念(第37回)に出走するも11着と生涯最低の着順に。
年明けには故障が判明し療養、復帰したかと思ったらレース10日前に骨折が判明して今度はほぼ1年間、療養を余儀なくされる事になります。

そして迎えた約1年振りのレース、第38回有馬記念。
出走馬14頭中、GⅠ優勝馬8頭という顔ぶれ、調整はしっかりしたものの1年というブランクはあまりにも厳しいと思われていましたが…結果は2着のビワハヤヒデとの競り合いを制して半馬身差で優勝、トウカイテイオーは奇跡の復活を成し遂げました。

トウカイテイオーといえばこの有馬記念、と言われるのも分かる程ドラマチックなストーリー展開ですね。
ちなみにこの長期休養明けのGⅠ勝利の最長記録は今現在も破られていません(そりゃそうだ)。

トウカイテイオー ぬいぐるみ

翌年も現役を続行するも、故障によりレースに出ること無く無念の引退。
その後は種牡馬として一定の成績を残し、2013年8月30日に心不全により死去、25歳でした。

トウカイテイオー…終ぞ成績では父であるルドルフに敵わなかったものの、人気に関してはその少年漫画の主人公のような活躍で父を超えていたと思います。
度重なる故障、常に苦境から這い上がるその姿に、僕達は自分の姿を重ねていたのかもしれません。

One Response to “【ウマ娘】トウカイテイオーの評価やステータスなど”

  1. ななし より:

    ついに公式からの更新来ましたね!!PV出た頃から注目しててやっと新鮮な公式の情報が笑

コメントを残す

-最新情報-

page-top