【ウマ娘】知っておくと捗るかもしれないレースの種類などをまとめてみた

main-image
ウマ娘が競馬ゲーならば(恐らく基本的な部分はそうだと思うけど)レースの種類などを知っておくと楽しめる気がするのでここでサクッと紹介していきます。

新馬戦・未勝利戦

最近だと新馬戦は「メイクデビュー」とか言われてますね。
どれだけデビュー前から評判の凄いポテンシャルを持った馬でもここからスタートします。
新馬戦は文字通り新人のデビュー戦で、未勝利戦は新馬戦で勝てなかった馬や色々あって新馬戦でデビュー出来なかった馬が出走します。

オープン戦

新馬戦後は基本的に勝ち進んでオープンクラスになるのが目標です。
「格上挑戦」っていうのもあるんですが、出走可能頭数が超えると除外対象になる上にレースのレベル的にもリスクの方が高いので…お察し下さい。

500万下

収得賞金が500万円以下の馬が出走。

1000万下

収得賞金が1000万円以下の馬が出走。

1600万下

収得賞金が1000万以上、1600万以下の馬が出走。

上記の条件を達成するとオープン(OP)クラスに上がる事が出来ます。
その後はオープン戦で賞金をガンガン稼いで重賞を狙う形になります。
厳密に言うとオープン戦には重賞も含まれます。

重賞

重賞レースは(特にGⅠ)競馬界の最高峰、全ての馬はここを目指します。
もちろん一番グレードが高いのがGⅠで、その次にGⅡ、そしてGⅢと続きます。
賞金も特に高額なのもポイントで、毎週日曜にテレビで中継されてるレースは大体重賞(GⅡ、GⅢ)なので皆さんも一度は観た事があるかも…?
毎週行われているGⅡ、GⅢはさておいて(書き出すとサクッと終わらない)、GⅠの中でも特に重要視されている「クラシック三冠」と呼ばれるレースを上げていきます。

皐月賞

芝2000mの皐月賞は「最も速い馬が勝つ」と言われています。
クラシック三冠の中では一番距離が短いので皐月賞後に短距離路線で攻めて成功した馬も結構いたりします。
次の日本ダービーに勝つ為に皐月賞を回避する事もしばしばあったり。

東京優駿

別名「日本ダービー」、王者を決める為の芝2400m。
「最も幸運な馬が勝つ」と言われる、日本競馬において最も長い歴史を持つレースです。
実力だけでは勝てない程の一線級の馬達が出走するからこそ「運が必要」な訳ですね。

菊花賞

芝3000mの菊花賞は「最も強い馬が勝つ」と言われています。
京都(淀)競馬場で行われるので高低差4.3mの「淀の坂」を2回も通過する必要があり、非常に過酷なレースとなっています。

そもそもクラシックレースって?

皐月賞
桜花賞
優駿牝馬
東京優駿
菊花賞

…この5レースが日本のクラシックレースです。
そもそもクラシックレースというのは競馬の発祥国であるイギリスの伝統あるレースを指します。
じゃあイギリスのクラシックレースはどんなの?というと…

2000ギニー(皐月賞のモデル)
1000ギニー(桜花賞のモデル)
オークス(優駿牝馬のモデル)
ダービーステークス(東京優駿のモデル)
セントレジャーステークス(菊花賞のモデル)

…この5レースがイギリスのクラシックレースです。
イギリスのクラシック三冠は「2000ギニー」「ダービーステークス」「セントレジャーステークス」です。
日本もイギリスを見習ってグレード(G)制度を取り入れた訳ですね。
ちなみにクラシックレースは基本的に3歳限定のレースだったりします。

牝馬三冠

桜花賞
優駿牝馬
秋華賞

牝馬の場合、3歳限定の三冠というとこれらのレースを指します。
桜花賞と優駿牝馬(オークス)はクラシックレースですが秋華賞はクラシックレースではないのでクラシック三冠とは呼ばれません。
菊花賞という手もあるのですが3000mの長距離を牡馬相手に勝つのは厳しすぎるという事で秋華賞が出来ました。
正確にはビクトリアカップ(現エリザベス女王杯)が古馬牝馬にも開放されたので秋華賞が出来たと言うべきでしょうか。

総括すると…

ゲームとしてのウマ娘の流れ的にも「新馬・未勝利クラス」→「500万以下クラス」→「1000万以下クラス」→「1600万以下クラス」→「オープンクラス」を目指す感じだと思います。
んで、牡馬ならクラシック三冠、牝馬なら牝馬三冠(エリザベス女王杯を加えると四冠)を狙っていくんじゃないかなーと。
「プリティダービー」の名の通り牡牝関係なく全員色々なレースに出走出来たりするかもしれませんけどね。
まぁそれはそれでゲームならではの面白さがあっていいのかも?w

コメントを残す

-最新情報-

page-top