【ウマ娘】スペシャルウィークの評価やステータスなど

流星2


ファンの皆さんにスペシャルな夢、届けます!

北海道の田舎から上京してきた元気印のウマ娘。
生まれてすぐに母と死別するという悲劇的な身の上に生まれるが、育ての親の”お母ちゃん”や牧場関係者の”おっちゃんたち”の愛情に囲まれ、まっすぐに育つ。

そのためどんな逆境をも跳ね返す底抜けに明るい正確とポジティブ思考の持ち主。

ちょっと天然ボケなところもあるが、やさしく友達思いで何事にも一生懸命。

何度挫折を味わっても決して諦めない、不屈の闘志で立ち上がるスポ根少女。

興奮すると、つい地元の北海道弁が出てしまう。

誕生日/5月2日
身長/158cm
体重/微減(レース前で緊張気味)
スリーサイズ/B79・W57・H81

スペシャルウィーク

スペシャルウィークの元ネタ

家族構成

父:サンデーサイレンス
母:キャンペンガール
半姉:オースミキャンディ
半兄:キャンペンガールの1991

母のキャンペンガールは受胎中に幾度も疝痛を起こして衰弱し、出産の5日後に死亡・・・スペシャルウィークは離れた馬房にいたが、母の死を悟ったのかずっと鳴いていたとの事。
幼少期は他の馬とは行動せずにぼっちで遊んでいる事が多かったそうな・・・

競争成績

3歳新馬:1着
白梅賞(500万下):2着
第38回 きさらぎ賞(G3):1着
第35回 報知杯弥生賞(G2):1着
第58回 皐月賞(G1):3着
第65回 東京優駿(G1):1着
第46回 京都新聞杯(G2):1着
第59回 菊花賞(G1):2着
第18回 ジャパンC(G1):3着
第40回 アメリカジョッキーC(G2):1着
第47回 阪神大賞典(G2):1着
第119回 天皇賞(春)(G1):1着
第40回 宝塚記念(G1):2着
第34回 京都大賞典(G2):7着
第120回 天皇賞(秋)(G1):1着
第19回 ジャパンC(G1):1着
第44回 有馬記念(G1):2着

第65回 東京優駿

新馬戦を勝利し、きさらぎ賞や弥生賞の重賞も制覇、皐月賞では1番人気でしたが3着。
そして迎えた日本ダービー・・・武豊は騎手歴12年目、クラシックレースの中ではダービーのみ勝てていなかった事から「武豊はダービーに勝てない」なんて言われてたそうな。
まぁ今回も・・・と思われていたこのレース、直線で抜け出すと差を開けまくって5馬身差の優勝。
見てる感じ圧勝だと思われていたが武豊は鞭を落としてしまうほど最後まで必死に追っていました。(ゴール後めっちゃガッツポーズしてたし相当クるものがあったんでしょうね)

第119回 天皇賞(春)

京都新聞杯は1着、次走の菊花賞はセイウンスカイに世界レコードを出されて2着、その次のジャパンカップでは同期のエルコンドルパサーに敗れ3着・・・この後リベンジの機会も無かったので「スペよりエルコンだよね~」とか言われてしまったそうな・・・ぐぎぎ。
まぁ負けは負け、という事で気を取り直してG2を二連勝して向かえた天皇賞(春)、阪神大賞典でも対決して破ったメジロブライトが再び立ちはだかるも、1/2馬身差で逃げ切って優勝。

第120回 天皇賞(秋)

古馬になって本格的に強くなったな!とか思っていたら宝塚記念で体調不良だったグラスワンダーに3馬身差つけられて2着、次の京都大賞典では全然伸びずに7着・・・しかもこの天皇賞(秋)の直前の調教で500万条件の馬に負けるという如何にもヤバい空気が漂っていましたが・・・本番では直線で末脚を爆発させてステイゴールドをクビ差で抑えてレースレコードで優勝し、タマモクロスに続いて2頭目の天皇賞春秋連覇を達成しました。

第19回 ジャパンカップ

このレース、スペシャルウィークよりも強いと言われていたエルコンドルパサーを破ったあのモンジューが外国招待馬として出走。
1番人気は当然モンジュー、スペシャルウィークは2番人気でしたが結果はまさかまさかのスペシャルウィークが1着の完全勝利(モンジューは4着)。
間接的にエルコンにリベンジを果たした・・・と言い方も出来ますが、やっぱりここはエルコンの雪辱を晴らしたと言っておきましょうw

第44回 有馬記念

スペシャルウィーク引退レース。
ステイゴールドやテイエムオペラオーも出走していましたが、やはり最後のライバルはグラスワンダー・・・必ずリベンジして有終の美を飾るぞ!という陣営の気迫は凄かったそうな。
レースではひたすらグラスワンダーをマークして最後の直線で末脚を爆発させ、グラスワンダーを捉えて「勝ったな(確信)」と思ったら・・・まさかのハナ差、写真判定の結果2着。
武豊曰く「競馬に勝って勝負に負けた感じ」とコメントしていました。
しかもこの年のG1の結果から見ても年度代表馬や最優秀古馬牡馬に選ばれて当然と思っていたのに選ばれたのはエルコンドルパサー・・・ぐぎぎぎ。

スペシャルウィークぬいぐるみ

引退後は種牡馬として活躍、ブエナビスタやシーザリオなどの優秀な子を残しています。
見た目が美しい馬である事でも有名でしたが、それ以上に大事な所でしっかり決められなかったりして(勿論勝つ所は勝ってるし強い馬なのは確かですが)ドラマ性に富んでるなぁと思います。
ウマ娘ではセンターになってる理由も分かる気がする、そんなアイドル的存在の馬、それがスペシャルウィークなのではないでしょうか。

コメントを残す

-最新情報-

page-top